News&TOPICS|お試し賃貸

ニュース&トピックス

2014年11月11日

「お試し賃貸」インタビュー IN和光大学 Vol2

さて、今回も前回に引き続き、「お試し賃貸」という賃貸システムの学生さんたちの意見やコメントをレポートします。
 
⇒⇒前回の内容はこちら

 

C太:僕は1年なので、慣れない学生生活が結構大変だったんです。家に帰ってもぐったりしていたんですけど、同じアパー

   トの駐車場に停まってる車のエンジン音がめちゃくちゃ煩くて、家でも全然くつろげなかったんですよ。

 

A子:あ~そういうのもあるね。

 

C太:はい。改造車のマフラーがアパート側に向いてるので、木造なので、かなり響いてたんですよね。他の人は気にならな
   かったのかな・・・。

 

B男:で、どうしたの?

 

C太:いつ文句を言おうかと我慢してたんですけど、気が付いたら車が無くなってたので、引っ越したぽいんですよ。ようや
   く落ち着いて生活出来る様になりましたよ。

 

B男:なんか、そういうので事件になっても嫌だしね。

 

A子:最近、子供の声が煩いって言って事件になってたね。

 

C太:あ~ありましたね。夜勤から帰ってきて寝る時間に、子供の送り迎えの声が煩くて寝れないとかね・・。

 

本誌編集部;ありましたね。

 

B男:これは僕たちみたいな学生だけじゃなくて、全ての人に通ずる悩みなのかもしれないね。

 

本誌編集部:おっしゃる通りですね。

 

A子:やっぱり、家で寛げないて不健康になるよね。

 

C太:一番安まらなくちゃいけないところですからね~。

 

A子:お試し賃貸ていう制度いいですね。そういう問題も改善してくれますね。

 

B男:お試し賃貸て、借りやすい制度だと思うんですけど、審査はあるんですか?

 

本誌編集部;お部屋によって異なりますが、審査はあります。借りやすい分、不動産会社によっては、審査基準が厳しいお部
      屋もあります。

 

B男:例えばどう厳しいんですか?

 

本誌編集部:借りる人は「成年の有職者に限る」とか・・・。

 

A子:え? じゃあ学生は借りれないて事ですか?

 

本誌編集部:いえ、その場合は親御さんにご契約をしてもらえば大丈夫です。

 

C太:あそっか。まぁ今も契約者は親だ。

 

A子:うちもそうだ。今と変わらないね。

 

C太:お試し入居出来る部屋があったら、試してみたいですね。しかも家賃も安いし。

 

A子:就職して、仕事で疲れて帰ってきて、家でも疲れるて嫌だね(笑)

 

B男:こういう契約の部屋が増えれば、借りる方も安心だよね。

 

(編集後記)
住んでみないと分からない事は本当に多いので、一定期間お試し入居出来る「お試し賃貸」は、
学生さん達の評判はとても良かったです。
大家さんの立場からしても、「空室に なってしまう理由」をきちんと把握出来るチャンスなのかもしれません。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク