News&TOPICS|お試し賃貸

ニュース&トピックス

2014年11月04日

「お試し賃貸」インタビュー IN和光大学 Vol1

「お試し賃貸」~利用者である学生さんからのご意見とコメント~
本サイト編集部の運営するカスタマイズ賃貸では、「和光大学」と「グリーンヒルNishimuraオーナー」とのコラボレーション企画「DIY賃貸アパートモデルプランのコンテスト」の発表会を取材して参りました。
その際、学生さん達が、本サイト:「お試し賃貸」を閲覧し、どのような感想をもたれるのか聞いてみました。
今回、協力してくださったのは、A子さん:4年生、B男くん:4年生、C太くん:1年生



本誌編集部:それでは、最後になりますが、当社が運営するサイト「お試し賃貸」は、
      1~3か月の期間だけお試し入居する事が出来るお部屋を掲載していま
      す。気に入れば2年の本契約が出来るという制度なのですが、どう思われ
      ますか・・・?

 

A子さん:すごいですね!

 

B男くん:それって、法律上とかの問題はないんですか?

 

本誌編集部:大丈夫です。民法の借地借家法にある定期借家契約という契約形態を採用
      します。

 

B男くん2年以外の契約も出来るんですね。

 

本誌編集部:そうなります。

 

C太くん:お試し入居して、気に入らなかったらどうなるんですか?

 

本誌編集部:そのお部屋で契約しなくて結構です。その不動産屋さんから他のお試し物
      件を紹介してもらったりと他のお部屋をご紹介してもらってください。

 

A子さん:お試し期間の家賃は高いんですか?

 

本誌編集部:お部屋によって異なりますが、通常契約時の5070%ほどで借りる事が
      出来ます。その他ルームクリーニング代などが掛かります。

 

B男くん:逆に安くなるんですか? なんでですか?

 

本誌編集部:お試し入居可能なお部屋の多くが、比較的空室がちなお部屋です。大家さ
      んの立場からしてみたら、少しでも多くのお客さんにアパートを内覧して
      もらったり、住んでもらいたい筈です。その為にいきなり2年契約で6
      万、7万の家賃を払うよりも、「まずは気軽に住んでもらって」「アパー
      トの良さ」を知ってもらいたいという声が多くあり、そういった機会を作
      ろうと思いました。

 

B男くん:へ~~。それって借りる側からしても、メリットは大きいですよね?

 

本誌編集部:そう思います。住んでみて、「こんなはずじゃなかった」と思った方も多
      くいらっしゃいますので・・。

 

A子さん:そう! 私、案内してもらったのが昼間なんです。昼間はすごく静かだった
     のに、夜になると隣の部屋で男の子達が騒いでる事がすごくあって、超迷惑
     なんですよ!

 

C太くん:サイアクですね(笑)

 

A子さん:何日かお試し入居出来てたら、絶対住んでないわ~。

 

B男くん:確かに1回、2回部屋見ただけじゃ分かんないからなぁ~。うちもそうなん
    だけど、家のそばに小さな公園があるんですけど、夜になるとそこで若い人た
    ちが騒いでるんですよ。

 

A子さん:あ~そういうのもあるね。

     試験前とかになるとサイアクじゃない??

 

B男くん:うるさくて課題に集中出来ないよ。

 

本誌編集部:それは辛いですね~。

 

B男くん:引っ越すにもお金掛かるし、困りますよね。

 

本誌編集部:そうですよね。

 

A子さん:日当たりとか、設備は内見すれば何となく分かるけど、そういう騒音とか問
    題のある居住者がいるとかって、少しの期間住んでみないと分かんないです
    んもね・・・。

 

 

C太くん:住んでみないと分からない事って、絶対ありますよね。

 

A子さん:○○ちゃんは、住んだ部屋が湿気がすごかったって言ってた。

  

 


B男くん
:我慢して住んでるんだ?

 

A子さん:不動産屋さんに何とかしてくれって言ったみたいだけど、「よく換気してく
     れ」て言われたらしい(笑) 

 

本誌編集部:微妙な問題ですよね・・・。湿度による不快感とか、音の問題は、感じる
      人はとても敏感に反応しますが、気にならない人は気にならないですし
      ね。湿度による不快感も個人差のある問題なので、A子さんはとても敏感
      に反応したんでしょうが、不動産会社さんからしても、「前の入居者は何
      も言ってこなかったから」とか、「明らかな機能不全」というわけでも無
      いので、「我慢してくれ」という対応になったのかもしれないです
      し・・・。

 

B男くん:なるほど~。確かにそれもそうかもですね。

 

 

  

・・・話しが盛り上がって来たので、次回につづく・・・。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク